書評の道

主に本の読書感想を行っています。ジャンルは、実用書、歴史が比較的多いです。


2017-03-27から1日間の記事一覧

【書評】半藤一利「あの戦争と日本人」:幕末から昭和に至る日本人論

目次 はじめに 日露戦争の分析を怠り舞い上がってしまった日本人 軍部が常に強硬だったわけではない まとめ あの戦争と日本人 (文春文庫) 作者: 半藤一利 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/07/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る …