書評の道

主に本の読書感想を行っています。ジャンルは、実用書、歴史が比較的多いです。


2016-09-15から1日間の記事一覧

【書評】出口治明「仕事に効く教養としての『世界史』」:世界史の見方が変わる!

目次 出来事の羅列ではなく「生きた」歴史を知る面白さ 高度経済成長期は例外という認識 まとめ グローバル化が進んで他国との距離が近くなってくるにつれ、それぞれの国の成り立ちを知っておかなければならないということで、世界史の勉強が大事だという声…